Oracle VMに Oracle DB 12.1 を構築する (3)

Oracle VM VirtualBox を用いて Oracle Database 12c Release 1 環境を構築する (1)はこちら。
Oracle VM VirtualBox を用いて Oracle Database 12c Release 1 環境を構築する (2)はこちら。

【目的】

1・Oracle VM VirtualBox を用いて Oracle Database 12c Release 1 環境を構築する

【環境】

ホストOS:Windows 7 Professional
ゲストOS:Oracle Linux Release 6 Update 4 for x86_64 (64 bit)

【参考資料】

■『SI on VirtualBox 構築ガイド /
Oracle VM VirtualBoxを用いたOracle Database 12c Release1 環境の構築』
http://www.oracle.com/technetwork/jp/database/enterprise-edition/documentation/sionvbox-db12101onol6u4-2080482-ja.pdf

■上記手順に加えてこちらのブログも参照。

taityo-diary.hatenablog.jptaityo-diary.hatenablog.jp

【現状】

目的1の「VirtualBox にOracle Database 12c Release1 環境の構築を構築する」を作業中。
構築ガイドの90Pまで進んでいる。
DBのインストールは完了したがリスナーの確認とPDB接続ができていない。

【今日やること】

1・リスナーにDBを正しく認識させる
2・PDBとCDBを正しく起動させる

---以下作業つづき---

前回の記事の終わりでDBの起動とリスナーの接続を完了できた。
今回は構築ガイド91PのCDB接続を行う。

1・準備

まず、前回の作業終了時にマシンをshutdownしており、一緒に
DBも停止してしまっているので、DBの起動を行う。
# これって自動化できそうだけど、環境変数に設定を追加すればよいのだろうか

$ sqlplus / as sysdba
SQL> STARTUP

続いてリスナーの起動と接続確認を行う。
# これも自動化できそうだけど、環境変数に設定を追加すればよいのだろうか

起動

$ lsnrctl start

接続確認
# リスナー起動から少し時間を置く必要あり。起動できていないとエラーが帰ってくる。

$ /u01/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_1/bin/lsnrctl status

以下レスポンスが返ってきたので無事準備は完了。

LSNRCTL for Linux: Version 12.1.0.2.0 - Production on 07-11月-2017 13:46:09
Copyright (c) 1991, 2014, Oracle.  All rights reserved.
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=node3.oracle12c.jp)(PORT=1521)))に接続中
リスナーのステータス
------------------------
別名                      LISTENER
バージョン                TNSLSNR for Linux: Version 12.1.0.2.0 - Production
開始日                    07-11月-2017 13:46:05
稼働時間                  0 日 0 時間 0 分 4 秒
トレース・レベル          off
セキュリティ              ON: Local OS Authentication
SNMP                      OFF
パラメータ・ファイル      /u01/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_1/network/admin/listener.ora
ログ・ファイル            /u01/app/oracle/diag/tnslsnr/node3/listener/alert/log.xml
リスニング・エンドポイントのサマリー...
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=node3.oracle12c.jp)(PORT=1521)))
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=ipc)(KEY=EXTPROC1521)))
リスナーはサービスをサポートしていません。
コマンドは正常に終了しました。
[oracle@node3 ~]$ /u01/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_1/bin/lsnrctl status
LSNRCTL for Linux: Version 12.1.0.2.0 - Production on 07-11月-2017 13:47:03
Copyright (c) 1991, 2014, Oracle.  All rights reserved.
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=node3.oracle12c.jp)(PORT=1521)))に接続中
リスナーのステータス
------------------------
別名                      LISTENER
バージョン                TNSLSNR for Linux: Version 12.1.0.2.0 - Production
開始日                    07-11月-2017 13:46:05
稼働時間                  0 日 0 時間 0 分 58 秒
トレース・レベル          off
セキュリティ              ON: Local OS Authentication
SNMP                      OFF
パラメータ・ファイル      /u01/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_1/network/admin/listener.ora
ログ・ファイル            /u01/app/oracle/diag/tnslsnr/node3/listener/alert/log.xml
リスニング・エンドポイントのサマリー...
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=node3.oracle12c.jp)(PORT=1521)))
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=ipc)(KEY=EXTPROC1521)))
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=tcps)(HOST=node3.oracle12c.jp)(PORT=5500))(Security=(my_wallet_directory=/u01/app/oracle/admin/cdb/xdb_wallet))(Presentation=HTTP)(Session=RAW))
サービスのサマリー...
サービス"cdb"には、1件のインスタンスがあります。
インスタンス"cdb"、状態READYには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
サービス"cdbXDB"には、1件のインスタンスがあります。
インスタンス"cdb"、状態READYには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
サービス"pdb1"には、1件のインスタンスがあります。
インスタンス"cdb"、状態READYには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
サービス"pdb2"には、1件のインスタンスがあります。
インスタンス"cdb"、状態READYには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
コマンドは正常に終了しました。
2・cdb接続(ここから91Pの作業)

まずsystemユーザでcdbへの接続を行う。

$ /u01/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_1/bin/sqlplus system/*************@node3.oracle12c.jp:1521/cdb

この時点で正しくDB起動とリスナー接続ができていないと以下エラーが出るので注意が必要。
以下のエラーが出た場合は上にある手順で解消できるはず。

SQL*Plus: Release 12.1.0.2.0 Production on 火 11月 7 13:45:25 2017
Copyright (c) 1982, 2014, Oracle.  All rights reserved.
ERROR:
ORA-12541: TNS: リスナーがありません
ユーザー名を入力してください:
パスワードを入力してください:
ERROR:
ORA-01005: パスワードにNULLが入力されました。ログオンは拒否されました。
ユーザー名を入力してください:
ERROR:
ORA-01017: ユーザー名/パスワードが無効です。ログオンは拒否されました。
SP2-0157: 3回試行しましたがOracleに接続できませんでした。SQL*Plusを終了します。

正しいレスポンスは以下。
SQLが起動される。

SQL*Plus: Release 12.1.0.2.0 Production on 火 11月 7 13:54:25 2017
Copyright (c) 1982, 2014, Oracle.  All rights reserved.
Oracle Database 12c Enterprise Edition Release 12.1.0.2.0 - 64bit Production
With the Partitioning, OLAP, Advanced Analytics and Real Application Testing options
に接続されました。
SQL>

続いてSQLでpdbの状態を確認。

SQL> show pdbs

レスポンスは以下。

SP2-0382: SHOW PDBSコマンドは使用できません。

なんろう。エラーがでた。

調べるとSYSDBA権限がないと失敗するらしい。

以下を実行してみる。

SQL> connect system as sysdba

パスワードを入力すると正しく接続ができた。
レスポンスは以下。

パスワードを入力してください:
接続されました。
SQL>

もう一度show pdbsを実行すると以下のように期待したレスポンスが返ってきた。

SQL> show pdbs
CON_ID CON_NAME			  OPEN MODE  RESTRICTED
---------- ------------------------------ ---------- ----------
2 PDB$SEED			  READ ONLY  NO
3 PDB1 			  MOUNTED
4 PDB2 			  MOUNTED
SQL>

これでCDB、PDBへの接続の確認は完了した。
ガイドではPDB1とPDB2のOPEN MODEがREAD WRITEとなっているが
私の環境ではOPEN MODEがMOUNTEDとなっている。
この違いはなんだろうか。。

参考にしたこちらのブログでは私と同様の状態の画面コピーが張ってあるので、
とりあえずこれで良しとして先に進んでみる。

3・Oracle Enterprise Manager Database Expressへの接続

ガイドに沿ってホストOSのIEから以下のEM ExpressのURLにアクセスする。

https://192.168.56.101:5500/em

すると以下のタイムアウトのエラー。
これは私のPC環境が遅いのか?

このサイトにアクセスできません
192.168.56.101 からの応答時間が長すぎます。
次をお試しください:
接続を確認する
プロキシとファイアウォールを確認する
Windows ネットワーク診断ツールを実行する
ERR_CONNECTION_TIMED_OUT

EMは今は必要としていない(DBの構築とDG構築が目的)ので、次に進むことにする。

4・Appendix 1. CDBとPDBの基本操作(ここから93Pの作業)

DBとリスナーが起動した状態で以下のSQLを実行して、ステータスがOPENであることを確認する。

SQL> SELECT STATUS FROM V$INSTANCE;
STATUS
------------------------------------
OPEN

続いて以下コマンドでPDBを新規作成する。

SQL> show pdbs
CON_ID CON_NAME			  OPEN MODE  RESTRICTED
---------- ------------------------------ ---------- ----------
2 PDB$SEED			  READ ONLY  NO
3 PDB1 			  MOUNTED
4 PDB2 			  MOUNTED
SQL> CREATE PLUGGABLE DATABASE pdb3 ADMIN USER admin IDENTIFIED BY Shio2534
2
SQL> CREATE PLUGGABLE DATABASE pdb3 ADMIN USER admin IDENTIFIED BY Shio2534;
プラガブル・データベースが作成されました。
SQL>

一度セミコロン(;)を付け忘れてへんなレスポンスがあったものの、
無事PDBの新規作成ができた。
「プラガブル・データベースが作成されました。」のレスポンスが帰ってくるまで
1分近く待った気がするので、待っている間は変にいじらないほうがいいかも。

次に作成したPDB3をOPENする。

まずは現状のOPEN MODEを確認する。

SQL> show pdbs
CON_ID CON_NAME			  OPEN MODE  RESTRICTED
---------- ------------------------------ ---------- ----------
2 PDB$SEED			  READ ONLY  NO
3 PDB1 			  MOUNTED
4 PDB2 			  MOUNTED
5 PDB3 			  MOUNTED
SQL>

PDB3はMOUTEDになっている。
これを以下SQLでOPENする。

SQL> ALTER PLUGGABLE DATABASE pdb3 OPEN;
プラガブル・データベースが変更されました。
SQL>

もう一度show pdbsを実行するとpdb3がopenされていることがわかる。
# pdb1,pdb2も同様のやり方でopenできる

SQL> show pdbs
CON_ID CON_NAME			  OPEN MODE  RESTRICTED
---------- ------------------------------ ---------- ----------
2 PDB$SEED			  READ ONLY  NO
3 PDB1 			  MOUNTED
4 PDB2 			  MOUNTED
5 PDB3 			  READ WRITE NO
SQL>

続いてルート(CDB$ROOT)からPDBへ接続を切り替える。

まず現状のCONTAINER NAMEを確認する

SQL> show con_name
CON_NAME
------------------------------
CDB$ROOT

CDB$ROOTに接続していることが確認できたので、以下SQLを実行してpdb3に接続を切り替える。

SQL> ALTER SESSION SET CONTAINER = pdb3;
セッションが変更されました。

再度show con_nameを実行して以下のように接続先がpdb3に変わっていればOK。

SQL> show con_name
CON_NAME
------------------------------
PDB3

最後にPDB用のサービスを作成する。
以下を全て実行する。
# どういう命令なのか不明なコマンドもあるが、現時点では構築ガイドのとおりに進める

SQL> SELECT NAME, NETWORK_NAME, PDB, CON_ID FROM V$SERVICES;
NAME
--------------------------------------------------------------------------------
NETWORK_NAME
--------------------------------------------------------------------------------
PDB
--------------------------------------------------------------------------------
CON_ID
----------
pdb3
pdb3
PDB3
5
SQL> exec DBMS_SERVICE.CREATE_SERVICE('srvl','srvl');
PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。
SQL> exec DBMS_SERVICE.START_SERVICE('srvl');
PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。
SQL> SELECT NAME, NETWORK_NAME, PDB, CON_ID FROM V$SERVICES;
NAME
--------------------------------------------------------------------------------
NETWORK_NAME
--------------------------------------------------------------------------------
PDB
--------------------------------------------------------------------------------
CON_ID
----------
srvl
srvl
PDB3
5
NAME
--------------------------------------------------------------------------------
NETWORK_NAME
--------------------------------------------------------------------------------
PDB
--------------------------------------------------------------------------------
CON_ID
----------
pdb3
pdb3
PDB3
5

以上で96PのPDB「用のサービスを作成」は完了した。
最後に接続を確認する。

SQL> connect system/************@node3.oracle12c.jp:1521/srvl

上記コマンドに対して

接続されました。

とレスポンスが返ってくればOK。
userとcon_nameも確認する。

SQL> show user
ユーザーは"SYSTEM"です。
SQL> show con_name
CON_NAME
------------------------------
PDB3

構築ガイドにあるとおりSYSTEM,PDB3と返ってきたのでOK。

 

これでVirtualBox にOracle Database 12c Release1 環境の構築ができた。
今後はData Guardの構築に入る。

Oracle VMに Oracle DB 12.1 を構築する (2)

前回作業はこちら。

【目的】

1・Oracle VM VirtualBox を用いて Oracle Database 12c Release 1 環境を構築する

【環境】

ホストOS:Windows 7 Professional
ゲストOS:Oracle Linux Release 6 Update 4 for x86_64 (64 bit)

【参考資料】

■『SI on VirtualBox 構築ガイド /
Oracle VM VirtualBoxを用いたOracle Database 12c Release1 環境の構築』
http://www.oracle.com/technetwork/jp/database/enterprise-edition/documentation/sionvbox-db12101onol6u4-2080482-ja.pdf

■上記手順に加えてこちらのブログも参照。

taityo-diary.hatenablog.jptaityo-diary.hatenablog.jp

【現状】

目的1の「VirtualBox にOracle Database 12c Release1 環境の構築を構築する」を作業中。
構築ガイドの90Pまで進んでいる。
DBのインストールは完了したがリスナーの確認とPDB接続ができていない。

【今日やること】

1・リスナーにDBを正しく認識させる
2・PDBとCDBを正しく起動させる

---以下作業つづき---

前回の記事の終わりに

・SQL*Plusの起動をしてDBを立ち上げる必要がある

・ORACLE_SIDという環境変数を設定が正しく行われていない可能性がある

という2点の課題が見つかったので、今回はこの点について対応を行う。

 

まず、コマンドを実行して、export ORACLE_SID=cdb を追記。
# この作業が正しいかどうかは不明

$ vi /home/oracle/.bash_profile

続いてリスナーを立ち上げる

$ /u01/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_1/bin/lsnrctl status

現時点では以下のようにサービスをサポートしていないアナウンス。
# おそらくDBの起動が必要

LSNRCTL for Linux: Version 12.1.0.2.0 - Production on 06-11月-2017 10:08:53
Copyright (c) 1991, 2014, Oracle.  All rights reserved.
TNS-01106: リスナー名LISTENERを使用するリスナーは、すでに起動されています。
[oracle@node3 ~]$ /u01/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_1/bin/lsnrctl status
LSNRCTL for Linux: Version 12.1.0.2.0 - Production on 06-11月-2017 10:09:00
Copyright (c) 1991, 2014, Oracle.  All rights reserved.
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=node3.oracle12c.jp)(PORT=1521)))に接続中
リスナーのステータス
------------------------
別名                      LISTENER
バージョン                TNSLSNR for Linux: Version 12.1.0.2.0 - Production
開始日                    06-11月-2017 10:08:40
稼働時間                  0 日 0 時間 0 分 19 秒
トレース・レベル          off
セキュリティ              ON: Local OS Authentication
SNMP                      OFF
パラメータ・ファイル      /u01/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_1/network/admin/listener.ora
ログ・ファイル            /u01/app/oracle/diag/tnslsnr/node3/listener/alert/log.xml
リスニング・エンドポイントのサマリー...
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=node3.oracle12c.jp)(PORT=1521)))
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=ipc)(KEY=EXTPROC1521)))
リスナーはサービスをサポートしていません。
コマンドは正常に終了しました。

続いてDBの起動を行うために以下コマンドでSQLモードへ切り替える。

$ sqlplus / as sysdba

SQLにてインスタンスの起動(DBの起動)を行う。

SQL> STARTUP

以下のようなレスポンスが返ってきた。
これでDBが立ち上がったはず。

SQL*Plus: Release 12.1.0.2.0 Production on 月 11月 6 10:16:25 2017
Copyright (c) 1982, 2014, Oracle.  All rights reserved.
アイドル・インスタンスに接続しました。
SQL> ^C^Ca
SQL> STARTUP
ORACLEインスタンスが起動しました。
Total System Global Area 1644167168 bytes
Fixed Size		    2925024 bytes
Variable Size		 1056968224 bytes
Database Buffers	  570425344 bytes
Redo Buffers		   13848576 bytes
データベースがマウントされました。
データベースがオープンされました。

exit してもう一度リスナーの確認を行う。

$ /u01/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_1/bin/lsnrctl status

すると以下のようなレスポンスが返ってきた。

LSNRCTL for Linux: Version 12.1.0.2.0 - Production on 06-11月-2017 11:11:24
Copyright (c) 1991, 2014, Oracle.  All rights reserved.
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=node3.oracle12c.jp)(PORT=1521)))に接続中
リスナーのステータス
------------------------
別名                      LISTENER
バージョン                TNSLSNR for Linux: Version 12.1.0.2.0 - Production
開始日                    06-11月-2017 10:08:40
稼働時間                  0 日 1 時間 2 分 43 秒
トレース・レベル          off
セキュリティ              ON: Local OS Authentication
SNMP                      OFF
パラメータ・ファイル      /u01/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_1/network/admin/listener.ora
ログ・ファイル            /u01/app/oracle/diag/tnslsnr/node3/listener/alert/log.xml
リスニング・エンドポイントのサマリー...
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=node3.oracle12c.jp)(PORT=1521)))
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=ipc)(KEY=EXTPROC1521)))
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=tcps)(HOST=node3.oracle12c.jp)(PORT=5500))(Security=(my_wallet_directory=/u01/app/oracle/admin/cdb/xdb_wallet))(Presentation=HTTP)(Session=RAW))
サービスのサマリー...
サービス"cdb"には、1件のインスタンスがあります。
インスタンス"cdb"、状態READYには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
サービス"cdbXDB"には、1件のインスタンスがあります。
インスタンス"cdb"、状態READYには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
サービス"pdb1"には、1件のインスタンスがあります。
インスタンス"cdb"、状態READYには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
サービス"pdb2"には、1件のインスタンスがあります。
インスタンス"cdb"、状態READYには、このサービスに対する1件のハンドラがあります...
コマンドは正常に終了しました。

これで無事DBの起動とリスナーとの接続が確認取れた。

ここまでで90Pまでの作業が完了した。
続いては91P以降の作業(ODB,CDB)に移る。

Oracle VMに Oracle DB 12.1 を構築する (1)

【目的】

1・Oracle VM VirtualBox を用いて Oracle Database 12c Release 1 環境を構築する

【環境】

ホストOS:Windows 7 Professional
ゲストOS:Oracle Linux Release 6 Update 4 for x86_64 (64 bit)

【参考資料】

■『SI on VirtualBox 構築ガイド /
Oracle VM VirtualBoxを用いたOracle Database 12c Release1 環境の構築』
http://www.oracle.com/technetwork/jp/database/enterprise-edition/documentation/sionvbox-db12101onol6u4-2080482-ja.pdf

■上記手順に加えてこちらのブログも参照。

taityo-diary.hatenablog.jp

【現状】

目的1の「VirtualBox にOracle Database 12c Release1 環境の構築を構築する」を作業中。
構築ガイドの90Pまで進んでいる。
DBのインストールは完了したがリスナーの確認とPDB接続ができていない。

【今日やること】

1・リスナーにDBを正しく認識させる
2・PDBとCDBを正しく起動させる

 

---以下作業---

1・リスナーにDBを正しく認識させる

現状はマシン停止とともにDBも起動停止しており、リスナーがDBを正しく認識していない。

$ /u01/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_1/bin/lsnrctl status

とコマンドを打つと以下のような反応。

LSNRCTL for Linux: Version 12.1.0.2.0 - Production on 02-11月-2017 17:36:18
Copyright (c) 1991, 2014, Oracle. All rights reserved.
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=node3.oracle12c.jp)(PORT=1521)))に接続中
リスナーのステータス
------------------------
別名 LISTENER
バージョン TNSLSNR for Linux: Version 12.1.0.2.0 - Production
開始日 02-11月-2017 17:25:48
稼働時間 0 日 0 時間 10 分 29 秒
トレース・レベル off
セキュリティ ON: Local OS Authentication
SNMP OFF
パラメータ・ファイル /u01/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_1/network/admin/listener.ora
ログ・ファイル /u01/app/oracle/diag/tnslsnr/node3/listener/alert/log.xml
リスニング・エンドポイントのサマリー...
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=node3.oracle12c.jp)(PORT=1521)))
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=ipc)(KEY=EXTPROC1521)))
リスナーはサービスをサポートしていません。
コマンドは正常に終了しました。

これはDBが読み込まれていないらしいので、まずはDBを起動する。

$ /u01/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_1/bin/sqlplus system/***********@node3.oracle12c.jp:1521/cdb

すると以下の反応

SQL*Plus: Release 12.1.0.2.0 Production on 土 11月 4 11:47:44 2017
Copyright (c) 1982, 2014, Oracle. All rights reserved.
ERROR:
ORA-12514: TNS:
リスナーは接続記述子でリクエストされたサービスを現在認識していません

ORA-12514はリスナーがクライアントからの接続要求を受け付けた時に、接続先となるサービスを認識していない時に発生するエラーらしい。
なのでリスナーに登録されているサービスを以下にて確認。

$ lsnrctl services

結果は以下。

LSNRCTL for Linux: Version 12.1.0.2.0 - Production on 04-11月-2017 11:54:01
Copyright (c) 1991, 2014, Oracle. All rights reserved.
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=node3.oracle12c.jp)(PORT=1521)))に接続中
リスナーはサービスをサポートしていません。
コマンドは正常に終了しました。

リスナーはサービスをサポートしていない?
インスタンスの起動をしたいので以下コマンドを実行

$ sqlplus /nolong

結果は以下。

SQL*Plus: Release 12.1.0.2.0 Production on 土 11月 4 12:00:34 2017
Copyright (c) 1982, 2014, Oracle. All rights reserved.
SQL*Plus: Release 12.1.0.2.0 Production
Copyright (c) 1982, 2014, Oracle. All rights reserved.
SQL*Plusを使用してSQL、PL/SQLおよびSQL*Plus文を実行します。
使用方法1: sqlplus -H | -V
-H SQL*Plusのバージョンおよび
使用方法のヘルプを表示します。
-V SQL*Plusのバージョンを表示します。
使用方法2: sqlplus [ [<option>] [{logon | /nolog}] [<start>] ]
<option> is: [-C <version>] [-L] [-M "<options>"] [-NOLOGINTIME] [-R <level>]
[-S]
-C <version> 影響されるコマンドの互換性を、
<version>で指定されたバージョンに設定します。バージョンのフォームは
"x.y[.z]"です。たとえば、-C 10.2.0となります
-L エラー時に再プロンプト表示するかわりに、
1回のみログオンを試行します。
-M "<options>" 出力の自動HTMLマークアップを設定します。オプション
のフォームは次のとおりです:
HTML [ON|OFF] [HEAD text] [BODY text] [TABLE text]
[ENTMAP {ON|OFF}] [SPOOL {ON|OFF}] [PRE[FORMAT] {ON|OFF}]
-NOLOGINTIME 最終正常ログイン時間を表示しないでください。
-R <level> 制限モードを設定し、ファイルシステムと対話する
SQL*Plusコマンドを無効にします。レベルは
1、2または3にできます。最も限定的なのは-R 3であり、
ファイルシステムと対話するすべてのユーザー・コマンドを
無効にします。
-S コマンドのSQL*Plusバナー、プロンプトおよび
エコーの表示を抑制するサイレント・モードを
設定します。
<logon>は: {<username>[/<password>][@<connect_identifier>] | / }
[AS {SYSDBA | SYSOPER | SYSASM | SYSBACKUP | SYSDG | SYSKM}] [EDITION=value]
データベース接続用のデータベース・アカウント・ユーザー名、
パスワードおよび接続識別子を指定します。接続識別子がないと、
SQL*Plusはデフォルトのデータベースに接続します。
AS SYSDBA、AS SYSOPER、AS SYSASM、AS SYSBACKUP、AS SYSDG、
およびAS SYSKMオプションはデータベース管理権限です。
<connect_identifier>は、ネット・サービス名または
簡易接続の形式で指定できます。
@[<net_service_name> | [//]Host[:Port]/<service_name>]
<net_service_name>は、接続記述子に解決されるサービスの
単純名です。
例: ネット・サービス名を使用してデータベースに接続します。
データベースのネット・サービス名はORCLです。
sqlplus myusername/mypassword@ORCL
Hostには、データベース・サーバー・コンピュータのホスト名または
IPアドレスを指定します。
Portには、データベース・サーバーのリスニング・ポートを指定します。
<service_name>には、アクセスするデータベースのサービス名を
指定します。
例: 簡易接続を使用してデータベースに接続します。
サービス名はORCLです。
sqlplus myusername/mypassword@Host/ORCL
/NOLOGオプションでは、データベースに接続せずに
SQL*Plusを起動します。
EDITIONによりセッション・エディションの値が指定されます。
<start>は次のとおりです: @<URL>|<filename>[.<ext>] [<parameter> ...]
スクリプト内の置換変数に割り当てられる指定パラメータを使用して、
Webサーバー(URL)またはローカル・ファイルシステム(filename.ext)から、
指定のSQL*Plusスクリプトを実行します。
SQL*Plusの起動時でCONNECTコマンドの後に、サイト・プロファイル
($ORACLE_HOME/sqlplus/admin/glogin.sqlなど)およびユーザー・プロファイル
(作業ディレクトリ内のlogin.sqlなど)が実行されます。ファイルには
SQL*Plusコマンドが含まれる場合があります。
詳細は、SQL*Plusユーザーズ・ガイドおよびリファレンスを参照してください。

うーん。コマンドが違う?
ためしに以下を実行。

$ sqlplus

するとユーザー名とパスワードを求められる。
資料の83Pで指定したsys, systemでトライするも ora12162 エラー。
パスワード間違いは考えられないから、ユーザー名が正しくない?
レスポンスは以下。

SQL*Plus: Release 12.1.0.2.0 Production on 月 11月 6 09:12:48 2017
Copyright (c) 1982, 2014, Oracle.  All rights reserved.
ユーザー名を入力してください: system
パスワードを入力してください:
ERROR:
ORA-12162: TNS: 指定されたNetサービス名は正しくありません。
ユーザー名を入力してください: sys
パスワードを入力してください:
ERROR:
ORA-12162: TNS: 指定されたNetサービス名は正しくありません。
ユーザー名を入力してください: *******
パスワードを入力してください:
ERROR:
ORA-12162: TNS: 指定されたNetサービス名は正しくありません。
SP2-0157: 3回試行しましたがOracleに接続できませんでした。SQL*Plusを終了します。

まずはSQL*Plus でDBを起動しないとリスナーの接続も正しく完了できないので
ここについて調べる必要がありそう。
なにか根本的ななにかを見落としている気がするのだが、なんだろうか。