Oracle DB 12.1 でData Guardを学ぶ – フィジカル・スタンバイ・データベースの作成(5)

【目的】

Oracle Database 12c Release 1 でData Guardを実装する。

【環境】

ホストOS:MacBook Air OS X EI Capitan / 1.6GHz Intel Core i5 / 4GB /
ゲストOS:Oracle Linux Release 6 Update 4 for x86_64 (64 bit)

# 今回の勉強用途でMacBook Air買ったのだかすでに容量パンパン。。

【参考資料】

Data Guardに関する社内ハンズオンの資料とかWeb上の資料とか。

【今日やること】

フィジカル・スタンバイ・データベースの作成。

---以下作業---

前回の続き。
アーカイブの初期設定を誤っていたので修正する。
# 詳細は前回記事に記載

ということで早速続き。
PFILE指定でDBを起動する手順を解説しているサイトを見つけたので倣ってみる。

sqlplusを起動。

[oracle@node1 ~]$ sqlplus / as sysdba
SQL*Plus: Release 12.1.0.2.0 Production on 金 12月 1 00:15:08 2017
Copyright (c) 1982, 2014, Oracle.  All rights reserved.
アイドル・インスタンスに接続しました。

PFILE指定でDBを起動。

SQL> startup pfile='ora.orcl.db'('node1')
LRM-00109: パラメータ・ファイル'ora.orcl.db('node1')'をオープンできません。
ORA-01078: システム・パラメータの処理に失敗しました

エラー。
()が不正かもしれないので念のため外して再度起動。

SQL> startup pfile='ora.orcl.db'
LRM-00109: パラメータ・ファイル'ora.orcl.db'をオープンできません。
ORA-01078: システム・パラメータの処理に失敗しました

()なしと同じエラー。

もし無事に起動できた場合は、この後PFILEからSPFILEの作成して、
DBシャットダウンして、作成したSPFILEからDBを起動する手順だったが
こちらの手順もダメのよう。

# ちなみに
pfile = 初期化パラメータ・ファイル。テキスト形式。
SPFILE = サーバー・パラメータ・ファイル。バイナリ形式。
だそうだが、ここでは深掘りしない。

うーむ。

あるサイトでこんな記述を見つけた。
「SPFILEのファイル名は、環境変数ORACLE_SIDと関係がある。」

ほう。
つまり環境変数ORACLE_SIDが誤っている可能性があるということか。

私の場合アーカイブ設定の誤りなのでORACLE_SIDが誤っているということは
考えにくいが、一応確認してみる。

[oracle@node1 ~]$ echo $ORACLE_SID
orcl

異常なし。

うーーん。

現時点で

SQL> startup

しても

ORA-16024: parameter LOG_ARCHIVE_DEST_1 cannot be parsed

が返ってくるので、やはりアーカイブ設定を正しくする必要がある。

SQL> archive log list
ORA-01012: not logged on

と出る。

SQL> alter database close;
alter database close
*
行1でエラーが発生しました。:
ORA-01034: ORACLE not available
プロセスID: 0
セッションID: 0、シリアル番号: 0

こんがらがってきたので少し休憩。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です